歯科の保険証について

歯科の保険料と普通病院の保険料

歯科医院で保険利用と保険証

歯科医院において健康保険を利用するには、初診時に保険証を持っていく必要があります。そうすると、歯医者さんでの治療費の自己負担分は全費用の30パーセントだけになって、残りの治療費は健保から支払われることになります。また、治療が長引く場合には、月が変わるごとに保険証を持っていかなければなりません。それから、歯科医院で薬を処方された時には、その処方箋を持って薬局に行くことになりますが、ここでは証書を呈示する必要はありません。しかし、処方された薬の自己負担分は全費用の30パーセントだけになっていて、残りの薬代は健保から支払われることになりますので安心です。

健康保険適用外の場合の対処法

事故や先天性の病気と言った特別な事情ではない限り、インプラント治療や歯列矯正の様な高額な歯科治療は健康保険が適用されないため、負担が大きくなってしまいます。しかし歯は咀嚼をすることで認知症のリスクを下げたり消化をしやすくする等、健康にも大きな影響を与える重要な部分の1つでもあります。そこで確定申告で医療費控除を利用すれば負担を減らすことが出来ます。医療費控除ではその年の1月1日から12月31日までの1年間で医療費の合計が10万円以上になった場合、税金がいくらか戻ってくる制度です。サラリーマンの場合ですと年末調整をしているから利用できないのでは、と考えるかもしれませんが、問題ありません。高額な歯科治療だと諦めるのではなく、自分の将来のためにも負担を減らして利用することも1つの方法です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の保険の点数について All rights reserved