歯科で保険内の診療

歯科の保険内の診療について

歯科の保険による診療

歯科では保険による診療ができるものとできないものがあります。その違いはどんなことなのかというと、食べるのに必要な治療は適応されますが、歯の快適さや美しさを求めて行う治療には適応されません。適応される内容は全国一律ということですが、都道府県の解釈の仕方によって違ってくる場合もあります。でも歯科による保険を使った診療が行われている国は、世界中でドイツと日本しかないそうです。福祉が行き届いているので世界的に有名なスウェーデンでさえも、大人の歯の治療には適応外になっています。日本人に生まれた私たちはとても幸せだと言っていいかもしれません。

保険が適用さと適用外の治療

歯科で行う治療には、健康保険が適用されるものと、適用されないものとがあります。現在、日本では、「治療しないと命に関わる病気や、日常生活に支障をきたす症状の治療」に健康保険が適用されますので、一般や小児専用の歯医者で行われる、歯にプラスチックや銀色の金属の詰め物をしたりする治療以外にも、歯列矯正での一部の治療にも適用され、患者の費用負担は3割になります。しかし、審美歯科などで行われる歯のホワイトニングや、高性能で義歯とわかりにくい入れ歯などには、適用されず、自己負担となります。いずれにしても、どのような治療を行って、どのような見た目になるのかや、自己負担の場合はどう異なるのか等、事前に医師とよく話し合う事が大切です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 歯科の保険の点数について All rights reserved